スマートフォン版に切り替える

沖縄本島でレスキューダイバー取得

沖縄本島レスキューダイバーライセンス取得ツアー

レスキューダイバー&EFRライセンス取得ツアーについて

     
トラブルが発生してもすぐに対処できる知識を備えるとともに、ダイビング中のトラブルを未然に防ぐ能力を身につけ、さらに万が一の事故の際の救命方法までを学ぶのが、レスキューダイバーコースです。EFRは日常生活でも万が一の場合に使える緊急時における救急法を身につけるコースです。レスキューダイバーと聞くと、ほとんどの方が「人を助ける前に、まず自分が助けられないようになりたい」と避けますが、「人に助けられない為に」もっともオススメするのが、このレスキューダイバーコースです。受講された方の多くが「ダイビングに自信がついた」「ダイビング自体もレベルアップした」と好評です。
【参加条件】
①受講前資格:PADIアドバンスドオープンウォーターダイバー
※他団体の同等認定ダイバーの場合は20ダイブ以上の経験と、ディ-プダイビングと水中ナビゲーションの経験が証明できればOK。
②最低年齢:12歳

沖縄本島レスキューダイバーライセンス取得ツアーを探す

沖縄でレスキュー&EFR取得

沖縄でレスキュー&EFR取得

PADIレスキューダイバー&エマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)取得プラン!
もちろん器材レンタル代・テキスト代金込でお得!

これで上級ダイバーの仲間入りだ!

ツアーはこちら
一人旅はこちら
     

レスキューダイバー&EFRライセンス取得の流れ

1.EFR講習

              
心停止など生命にかかわる緊急時のケア(一次ケア)と、即座に生命にかかわらないケガや病気のケア(二次ケア)について学ぶプログラムです。CPR(心肺蘇生法)やファーストエイド(応急手当)などを学びます。
 

2.学科講習

              
事前にマニュアル(テキスト)を自宅に送付します。イントロダクションを読み、第1章から「学習目標」を確認しながら進めていきます。各ページの練習問題で理解度をチェックし、各章の最後のページにある「ナレッジ・リビュー」に答えを記入します。
現地では海でのトラブルの知識やレスキュースキルの紹介など、事前学習で習得して頂いたナレッジリビューの確認をしながら、担当インストラクターが実際に練習するスキルの紹介や過去にあったトラブルの例などをお話します。最後に50問のテスト(ファイナルエグザム)があります。
 

3.海洋実習

              
沖縄本島でのレスキュー練習:パニックを起こしたダイバーの対応、行方不明になったダイバーの捜索や発見後の対応を練習していきます。
シナリオレスキュー:インストラクターが用意した2つのシナリオを、自分の力で、またはバディやチームで協力して役割分担し、練習で習得したスキルの中から適切だと思う方法で救助を行います。無事大きなミスもなく終了すれば、祝・レスキューダイバーです!
    

レスキューダイバー取得・よくある質問

     
体力に自信が無いんですが?
普通にダイビングをする体力と「やる気」があれば大丈夫です。
  
女性でも大丈夫ですか?
安心してご参加ください。女性の参加者も多いですよ。
  
一人で参加する方はいますか?
一人で参加する方の方が多いです。
  
自分のダイビング器材を持ってないんですが?
使い慣れた器材がベストですが、レンタル器材でも問題はありません。
  
  • アドバンスドオープンウォーターダイバーライセンス取得ツアー
  • オープン・ウォーターダイバーライセンス取得ツアー
  
ダイビングのみのご予約ならダイビング予約の専門サイトオーシャンズダイブ

条件ツアー検索 ダイビングツアー検索

ファンダイビングを探す ダイビングツアーを探す

目的 目的別ダイビングツアー

ライセンス取得(国内)

ライセンス取得(海外)

国内 国内ダイビングツアー

海外 海外ダイビングツアー

お電話でのご予約はこちら

03-5444-4114

  • 月~金曜日

    10:00~18:00

  • 土曜日

    10:00~17:30

お問い合わせ

ご希望のツアー枠

ご希望のツアーが無い場合も担当スタッフがご担当します。

延泊の場合は?

1人がファンダイビングで1人がライセンスの場合は?

詳しくはこちら

カード可能枠

カード決済可能

※手数料がかりません